包茎手術 熊本県周辺で包茎手術ができるクリニックを紹介!


包茎手術 評判

熊本周辺の包茎専門クリニックを紹介!

 

 

隣接している県のクリニック一覧

 

 

 

 

熊本県の包茎人口は?

 

戦国武将の一人である加藤清正のゆかりの地でもある熊本県。
そんな熊本県の総人口は約180万人。人口の半分が男性とすると
約90万人になります。そのうちの7割が包茎として
計算すると、90万人×70%=約63万人が包茎ということになります。

 

 

包茎コラム

 

包茎を自分で治せる年齢の限界は?

 

 

包茎を改善することができる年齢にはいろいろな
説があります。
その為個人的な意見でしかお伝えすることが
できませんが、包茎は22歳から25歳くらいまでに
包茎が改善されなければ、以降自己改善で包茎を
治すことは難しいでしょう。

 

 

包茎を改善する行動としては、常に意識的に皮を
むいておくことです。
その努力を25歳になって始めたのでは遅いのです。
できれば高校生くらいから、遅くても20歳くらい
からそのことに気付き、自分で意識していなければ
仮性包茎を治すことはできません。

 

 

逆にいえば、その位の年齢から改善しておくと、
手術を受ける必要もなくなるかもしれません。
どれだけ剥いてもすぐ元に戻ってしまう。
陰毛が絡まって皮を治さないと歩くことができない。

 

 

そういった様々な要因で自分でむくことを続けられない
人も多いです。
その場合は包茎手術という選択肢が有効です。
包茎手術の適齢期は実は自己改善の限界より少し早めです。
20から22歳くらいに包茎手術を受けることは早漏の改善、
短小の改善、病気の回避などのメリットがあります。

 

 

自分で頑張って、それでもだめなら包茎手術…
という選択肢は決して間違っていませんが、
その分早漏、短小、病気といったリスクが生じます。
それらのリスクを早めに回避したいなら、
早めに包茎手術を受けることをお勧めします。

 

 

どうせ同じお金がかかるのなら、早く原因を
取り除いたほうがよいですからね。
ペニスの成長がピークに達する25歳以降は、
なかなか自己改善は難しいでしょう。

よく読まれている記事