包茎手術 山梨県甲府市で包茎手術をするなら東京ノーストクリニック甲府院がおすすめ!


包茎手術 評判

山梨県で手術をするなら東京ノーストクリニック甲府院!

 

 

山梨県の包茎人口は?

 

戦国大名の武田信玄ゆかりの地として、今でもその名残は観光スポットや
町並みに残っている山梨県。その山梨県の人口は約85万人。
85万人のうち何人が包茎か計算してみました。男性が半分の42万5000人。
42万5000人のうちの7割が包茎とします。そうすると29万7500人が山梨県の
包茎人口となります。

 

 

包茎コラム

 

包茎手術で短小が治る?

 

 

ペニスの短小は包茎手術をしたからと言って治るものでは
ありません。そもそも短小の原因はいくつかあり、それが遺伝による
ものだとしたら、包茎には関連のない症状だからです。

 

 

ただし、真性包茎やカントン包茎の場合は、包茎による
ペニスの圧迫などが原因で短小になるケースがあります。
遺伝的な理由ではなく、外的要因からペニスの成長を
妨げている場合ですね。

 

 

成長を妨げている要因が包茎であれば、手術する時期に
よっては短小を改善することができるかもしれません。
ペニスの成長ピークは概ね25歳くらいまでですから、
それより前に包茎手術をすることで成長を再開させる
ことができるからです。

 

 

ただし、仮性包茎の場合、いくら包茎手術を施したとしても
成長を妨げるほどの問題ではないことから、短小の改善は
期待できません。
ですが、ペニスを刺激することによる成長を期待する
ことができ、包茎手術によって亀頭を露出させることで、
その刺激を与えることもできますので、もしかすると改善の
効果があるかもしれませんね。

 

 

包茎手術は短小に対して効果があるわけではありませんが、
手術することによって間接的な効果を期待することができます。
短小・包茎というコンプレックスの一つを改善することが
できるだけでもメリットがあるといってよいでしょう。

 

 

包茎手術はペニスの疾患に対して万能ではありません。
でも、実施することで今まで悩んでいた要素がひとつ
消えるだけでなく、思いもよらない効果を得ることもあります。

よく読まれている記事