包茎治療 口コミで評判のよい青森の包茎治療病院は?


包茎手術 評判

青森の包茎クリニック一覧

 

 

函館市の包茎人口は?

 

青森県の総人口は約135万人です。男性と女性の比率が50%ずつだとすると、
約67万5000人が男性とあります。その男性のうちの70%が真性、仮性、カントンなどの
包茎と言われていますので、47万2500人が包茎となります。なかなかの数ですね。

 

 

包茎コラム

 

包茎手術を受けるのが恥ずかしいと思っている人へ

 

 

包茎手術を受けることで、逆に男としてのプライドが崩れてしまう。
いずれ治るかもしれないし、時間もかかりそうだから面倒臭い。
そう思っている人が包茎手術を行う時期が遅くなってしまい、
せっかく若い時に得やすい様々な体験ができない…
そういうケースをよく耳にします。

 

 

恥ずかしさや小さなプライドが残す影響は思いのほか大きいものです。
特に真性包茎の場合は、ペニスの成長を著しく妨げることが分かっており、
真性包茎である男性の実に50%以上が短小や亀頭の先細りで
悩んでいるといわれています。

 

 

真性包茎でも、自分で何とか向いていけば仮性包茎、
そして通常のペニスへと変わる人もいます。
でも、その人の多くは小学生くらいから親が
むきむき体操などにかかわり、子供もその意識が
強い場合のみであり、少なくても高校生や社会人に
なって真性包茎に気付いた場合、すでに何らかの悪影響が
ペニスに発生していることが多いです。

 

 

その場合、できるだけ速やかに包茎手術をしないと、
ペニスの成長が止まってしまい、その後の性生活に
大きく影響します。
包茎手術が恥ずかしいと思っている人は、性器の成長が
止まってしまう25歳以降、それが性生活での恥ずかしさに
変わることを知っておいてください。

 

 

また、性器の成長が止まっても、包茎手術をすることで
未然に病気になるケースを防ぐことができます。
健康のため、それに今後の性生活のためにも、包茎手術を
受けない場合に生じる恥ずかしさや不健康さを理解する
必要がありそうです。

よく読まれている記事