真性包茎に関する悩みを解消!


包茎手術 評判

もっと早く手術を受けたほうが良かったという人が多い!

はっきりと言います!真性包茎は包茎の種類の中では重度の疾患です!

 

 

真性包茎を改善するには包茎手術以外に選択肢はありません。それに、真性包茎手術は個人の判断で手術をしないといった選択肢を持ってはいけない疾患です。早期に、確実に手術を受ける必要があります。

 

 

ペニスが成長している20代前半までは、場合によっては真性包茎の状態が続く人もいます。でも、多くはその前には仮性包茎に移行し、日常生活に支障をきたすほどではなくなりますが、一部の人はそのまま真性包茎から脱せない人もいます。

 

 

真性包茎の場合、子供を作ることはできますし、一応のセックスを行うことは可能です。でも、包皮内に恥垢がたまることで細菌が繁殖し、炎症などの症状が発症する危険性がありますし、その細菌の繁殖はパートナーの膣内などで他の病気を引き起こす原因にもなります。

 

 

また、包皮が亀頭を包んでいる状態でコンドームを装着しても正常な避妊を行うことができず、誤って妊娠する可能性を高めます。

 

 

改めてお伝えしますが、真性包茎の場合は時期を見て成人後できるだけ早期に真性包茎の手術を受ける必要があります。セックスライフに突入した後、30代などで包茎手術を受け、もっと早く手術を受けるべきだったという人があまりにも多いからです。

 

 

手術を受けることは当然のことながら、手術を受ける時期もできるだけ早目がよいのが真性包茎。パートナーを傷つけないためにも、また、真性包茎であるというコンプレックスを解消するためにも手術が必要です。

 

関連記事

よく読まれている記事