真性包茎に関する悩みを解消!


包茎手術 評判

傷跡が残らないようにするには?

真性包茎手術は特に手術痕が残りやすいと言われています。切除範囲が大きいだけに、傷跡が残りやすいのです。ペニスの傷は見た目以上に自分自身が気になるところ。周りはそう思っていなくても、手術前と後の変化に気をとらわれてしまう人も多いようです。

 

 

傷跡が残りやすい手術の例では保険診療による泌尿器科での手術です。泌尿器科では真性包茎という疾患を治療するところであり、ペニスの仕上がりや傷跡への配慮にはそれほど力を入れていません。保険診療は確かに安いですが、その代わりに受けるリスクは大きいのです。

 

 

それに対して真性包茎手術でも傷跡を残さないような手術を行ってくれるところがあります。それが上野クリニックやABCクリニックのような包茎手術専門のクリニックです。

 

 

泌尿器科では切除・縫合場所は安全を見て陰茎の中心に持ってくることが多いのですが、専門のクリニックでは傷跡が目立たないように亀頭の直下や陰茎の根元の部分を切除して縫合しています。

 

 

場所が狭いため、特別な技術が必要になりますし、手術費用も高くなりますが、傷跡が目立たないような手術を受けることができます。傷跡を気にして修正手術を受ける人がいる中、一度の手術の費用はかかりますが、それ以降は傷跡を心配することなく生活することができるのが専門クリニックの特徴です。

 

 

泌尿器科とは違った手術方法や技術を持っているからこそ、選ばれている理由があるのです。傷跡を気にする場合は自由診療ではありますが、選択の一つに入れたいものですね。

 

ABCクリニック

 

ABCクリニックの口コミはこちら

 

関連記事

よく読まれている記事