真性包茎に関する悩みを解消!


包茎手術 評判

真性包茎ははっきり言って不潔!

真性包茎は不潔であるというイメージがありますが、実際のところその通り不潔です。真性包茎は通常時どころか勃起時も剥けない重度の包茎症状です。

 

 

入口が極端に狭い、亀頭と包皮が癒着しており、とても剥ける状態ではない症状を指します。亀頭を包皮が常に覆っている。そんな状態で排尿や新陳代謝を繰り返すと恥垢が包皮と亀頭の間に溜まってしまいます。

 

 

それ自体は異常ではありませんが、その恥垢を全く洗うことができないという点に問題が生じます。

 

 

細菌が繁殖しやすく、場合によっては自分のペニスに炎症を引き越す原因にもなります。包皮や亀頭を洗うことができないため、セックスもその保菌状態で行うことになります。

 

 

精液も包皮内の雑菌とともに包皮外に射精されるため、とても清潔であるとは言えません。

 

 

それに、最近の種類によってはヒトパピローマウイルスによるパートナーへの感染や子宮がんに発展するリスクを負わせてしまうことも懸念されます。

 

 

正常なセックスができないという状態が良いとは言えませんよね。真性包茎は包茎手術をすれば完治します。というか、包茎手術以外にそれを治す方法は、小児のころから医師の指導のもと、適切に亀頭の癒着を自分で改善し自己改善してきた人だけです。

 

 

成人になって真性包茎を自分で治せる方はいません。自分の子供を見たい、パートナーに危険なリスクを負わせたくないと思うなら、真性包茎手術を選択すべきですし、お金がかかるからやめておくという人は医療保険を利用してでも病院で手術を受けるべきです。

 

関連記事

よく読まれている記事