包茎手術 費用について気になることを紹介!


包茎手術 評判

仮性包茎は保険は適用できない!

真性包茎やカントン包茎の包茎手術は健康保険を適用できます。しかし、仮性包茎の包茎手術は保険を適用できません。真性包茎やカントン包茎は日常生活に支障をきたしている、放置しておくと他の疾患をわずらう可能性が高いと位置づけられており、泌尿器科などの病院であれば健康保険を適用して治療を受けることができます。

 

 

仮性包茎は日常生活に支障をきたすわけではなく、精神的な苦痛に対しての処置のため、健康保険は適用されません。真性包茎やカントン包茎の保険適用後の手術費用はだいたい1万円から3万円です。それほど負担があるというわけではありません。

 

 

それに対して仮性包茎は自由診療であることから、だいたい15万から20万円の費用がかかります。

 

 

包茎手術を専門に扱っているクリニックでは、真性包茎でもカントン包茎でも保険を使って治療を受けることができるのか…といえば、そうではありません。そういったクリニックはそもそも健康保険の適用医療機関ではないからです。いわゆる自由診療機関です。そのため、自分は真性包茎だから保険が適用されるんだと思って、包茎手術専門のクリニックを訪れても、保険は適用されません。

 

 

では、保険が適用できる安い病院のほうがいいのか・・・と言えばそうとも限りません。保険が適用できて費用は1万円から3万円になりますが、ただ包茎を治せばいいという感覚なので、仕上がりがツートンカラーになったり、手術したことが一目でわかるような仕上がりになる可能性が高くなります。

 

 

包茎専門クリニックでは、自由診療のため費用は高くなりますが、術後の見た目や感度にも注意を払って手術をするので、そういった心配はありません。

 

 

費用を取るか、仕上がりや見た目を取るか人それぞれですが、術後一生ついてくるものなので、費用が高くついてもキレイな仕上がりになる包茎専門クリニックで手術するほうが私はいいと思います。

よく読まれている記事